【千曲】あんず狩り2020 天候不順で収穫量減

あんずの里 千曲市 ブログ

2020年 今年のあんずは、花の開花が暖冬の影響で早く、そのあと訪れた寒の戻りで霜にあい収穫量が減ってしまいました。

また、実をつけてからも異常気象とも言える「ひょう」の被害にあい大幅な減収につながっています。

忙しがっていたら更新が1か月も開いていました。もう少し頑張って更新しないとですね。そんなことで、天候不順で収穫量減のあんずの情報お伝えします。

あんず狩り・あんずジャムやシロップ漬け作り体験

十分な量のあんずの確保の見通しが立たず「お越しいただいたお客様にご満足いただけるサービスを提供することが難しい」とのことで、あんず狩り・あんずジャムやシロップ漬け作り体験は実施を見合わせている状況です。

いつもの年ならそろそろ盛大に

あんずの里 千曲市

いつもの年ならあんず狩りに大勢のお客様が訪れてくれる千曲市森のあんずの里。

今年は、霜やひょうの被害の影響で十分な量のあんずの確保の見通しが立たず、イベント的なものも見送られ、とても静かです。

あんず狩りだけでなく、あんずジャムやシロップ漬け作りもすごい人気で、毎年お越しなる方も大勢いました。

千曲市は “日本一のあんずの里”

あんずの里 千曲市

甘酸っぱくて美味しいあんず、ホントだったら6月下旬から7月中旬までが最盛期、概ね1ヶ月程度販売されるはずでした。

千曲市は “日本一のあんずの里”と言われ、あんずの生産量は県内トップを誇ります。

生のあんずはデリケートで傷みやすく、収穫時期が短い果物です。そのため首都圏ではなかなか手に入らない地元でしか味わえない貴重な逸品です。

あんずには様々な品種があります

あんずの里 千曲市

最初にとれるのが、酸味が強く甘みが少ないので、主にジャムなどの加工用として最適な「平和」。

香りが良く、実がしっかりとしている品種の「信山丸(しんざんまる)」。こちらは形が良いので、シロップ漬けむいているそうです。

そして順に「昭和」「信州大実(しんしゅうおおみ)」「ハーコット」などの品種が出回っていきます。

本当だったら、最盛期は生でそのままのあんずの味を楽しんで、残りはジャムやシロップ漬けなどにして1年中あんずを楽しむことができるのですが、今年のところはお休みですね。

あんずの直売は

あんずの直売は、数は少ないながらも6月18日から始まっています。出会った時がチャンスかもしれません。量が少ないため、取り置きは行っていないとのことです。

7月上旬ころまでの販売か

あんずの里 千曲市

例年7月上旬ころまでの販売ですが、今年は予定の日程よりも早く販売が終わってしまう場合があるそうです。

また、各店舗とも営業時間内であっても入荷数量が限られるため「売り切れになることもあるのでご容赦を」とのことでした。

あんずの里物産館

あんずの里 千曲市 あんずの里物産館

あんずの里物産館
長野県千曲市屋代507-1
TEL:026-274-7712
9:00 ~ 18:00 販売

杏里庵

あんずの里 千曲市

杏里庵
長野県千曲市森1096
TEL:026-273-2006
8:00頃 ~ 17:00頃 販売

横島物産

あんずの里 千曲市

横島物産
長野県千曲市森1401-6
TEL:026-273-1311
9:00 ~ 17:00 販売

※残念ながら、JAながの森直売所、杏宝園(戸倉駅構内)では今年の販売はないそうです。

あんずの実のお祭りも中止に 第65回(2020年)あんずまつり

今年の4月1日~12日まで開催が予定されていた『第65回あんずまつり』は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため開催が見送られました。

そして、実のお祭りも霜やひょうの被害にあい、あんずの実の収穫量が確保できないため中止となってしまいました。

あんずの花のお祭り

あんずの里 千曲市

桜に先駆け咲き始めるあんずの花が山里全体をピンクの花で覆い、あんずの里は、あたり一面が淡いピンク一色に染まります。

「一目十万本」ともいわれているあんずの里の景色は、あんず畑を見渡す周遊道路沿いにある上平展望台からの眺めが最高です。

あんずの里 千曲市

あんずは、開花から1週間ほどで見頃を迎えます。近年は暖冬の影響で3月下旬に開花し、4月上旬に見頃になることも多くなりました。

以前のイメージで4月中旬頃だと考えていると、散ってしまうケースもあるそうです。マメな開花状況のチェックが必要ですね。

来年は直接愛でられるといいですね。

宇和島藩から松代藩・真田家に輿入れした豊姫が苗を持参したのが始まり

あんずの里 千曲市

千曲市の「日本一のあんずの里」は延宝元年(1673年)7月、四国の伊予宇和島藩・伊達宗利(だてむねとし)の息女・豊姫が松代藩主・真田幸道(さなだゆきみち)に輿入れの際、「故郷を長く忘れじ」と、あんずの苗木を持参したのが始まりといわれています。

杏仁が咳止め薬として珍重され、松代藩は東条村(現在の長野市松代町東条)で栽培を始め、以降、藩内に広まったというものです。

あんずグルメをお取り寄せ

千曲市の初夏の味!特産品「あんず」を使ったスイーツのお取り寄せをご紹介します。

名店ならではのグルメの数々

あんずの里 千曲市

千曲市でのあんず栽培の歴史は古く、江戸時代中期頃から育てられ始めたといわれています。

千曲市のお店の多くは創業が半世紀をこえる老舗。一般社団法人信州千曲観光局では、各店舗からお取り寄せできるグルメを紹介しています。

古くから地域で愛され続ける名店ならではのグルメの数々をお楽しみください。

また、最後には楽天市場で手軽にポチれる商品もご紹介しています。

『おうちでちくま』お取り寄せグルメ特集!【あんず編】
今回の『おうちでちくま』は、おうちで楽しめる千曲市のお土産を大特集!千曲市の初夏の味!特産品の「あんず」を使ったスイーツをお店HPからお取り寄せできるお店をご紹介します!千曲市でのあんず栽培の歴史は古く、江戸時代中期頃から育てられ始めたとい
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

杏 お取り寄せスイーツ sweets 詰合せ
価格:5914円(税込、送料無料) (2020/6/23時点)

楽天で購入

 


BenQ モニター ディスプレイ GW2780 27インチ/IPS/ノングレア/フレームレス/ブルーライト軽減/輝度自動調整B.I.技術搭載/D-sub/HDMI1.4/DP1.2/スピーカー

タイトルとURLをコピーしました